平昌オリンピック、見てますか〜
あの極寒の中、頑張ってはる選手の皆さんに阪南からエールを贈ります。

さて、昨年もブログに載せた看護部秘書のSださんの娘ちゃん、Sちゃんからバレンタインプレゼントを頂きました。

ホンマのパティシエさんやから、めちゃくちゃ美味しんです。キティちゃんのBOXも可愛い〜。しかし、お孫ちゃんは、ミニーの入れ物が良かったみたい(笑)

ちなみにうちの子は、お母さんの得意なスィーツは"フルーチェ"やと思ってますねん。反論できない母であります。
by-三女M

4姉妹、長女のK子です。

1月17日は1995年の阪神淡路大震災から23年。
今でもあのときの衝撃は忘れられません。

けさ、朝日新聞デジタル版で一番に目に飛び込んできた記事。
胸が熱くなりました。

  抱きしめたけど救えなかった赤ちゃん 

     「看護師への原点」

 

 

(朝日新聞デジタル版より転載)

 阪神淡路大震災から23年迎えた17日、午後も追悼行事が続いていた東遊園地(神戸市中央区)。神戸市立医療センター中央市民病院の看護師、尾川華子さん(37)は夜勤前に立ち寄り、そっと手を合わせた。

自分の運命を決めた、名前も知らない赤ちゃんに向かって。

 

 あの日。同市東灘区の自宅マンションの駐車場に避難すると、隣にあった文化住宅が倒壊していた。がれきをかき分けて生存者を捜す大人たち。「この赤ちゃん、温めてあげて!」突然、当時中学2年だった尾川さんに救い出されたばかりの赤ちゃんが手渡された。

 小さな体はすでに冷たかった。抱きしめても抱きしめても温かくならなかった。赤ちゃんも母親も亡くなった、と後に聞いた。親子は出産のため里帰りしていたのだった。

 「あの時、何もできなかった。だから、大人になったら、人を助ける人間になりたいと思ったんです」

 高校を卒業し、看護専門学校を経て、兵庫県西宮市の病院に勤務。2005年4月には同県尼崎市で起きたJR宝塚線(福知山線)脱線事故で、次々に運び込まれる負傷者を手当てした。この経験から「この職業を選んだ原点は救急医療だ」と改めて思い、翌年、兵庫県災害医療センターで勤め始めた。

 救命救急の現場で経験を重ね、国際緊急援助隊に登録。フィリピンの台風被害(13年)やネパール地震(15年)で現地に赴いた。災害派遣医療チーム(DMAT)のメンバーにもなっている。

 毎年、1月17日にはできる限り東遊園地に足を運んでいる。「助けてあげられなくて、ごめんなさい」。あの時の赤ちゃんに謝り、こう語りかける。「あなたが災害医療の道に導いてくれました。ありがとう」(高松浩志)

 

こんにちは。台風接近の中、無事にICLS研修が終了しました。



ベテランナース大活躍。写真には紗をかけてというリクエストにお応えしました(笑)


そして、いつも研修を支えてくれるブースタスクさん。

外部からも毎回ご協力して下さるインストラクターさん達です。

明日からも活躍しま〜す。

by-三女

みなさーん、いかがお過ごしですか。
今年も阪南に沢山の新人さんが就職してくれました。

 

恒例の懇親会です。
今年の新人さんからの出し物は、自己紹介のエピソードクイズでした。
誰が何を話したかを当てるクイズなんですね〜

nice idea つまり、自分の記憶力を確かめるって内容だったんですね〜

 

 

 

先輩達は、何の景品もないのに、必死に記憶をたどって答えるんですよ(笑笑)

終盤は、何と、

中田院長からアカペラのプレゼントでした。

 

iPhoneImage.png
阪南ならではの心温まる懇親会でした。
by-三女Mき

第17回ICLS研修が終わりました。
院外から3名、院内から9名の12名が
受講しました。
インストラクターさん、タスクの
皆さまのご協力で、今回も有意義な研修でした。

先日、太成学院大学の学生さんが
実習に来られました。
最終日に、地域包括ケア病棟のスタッフへ、とても素敵なメッセージを下さったんです。

病棟師長が目をウルウルさせて、色紙を看護部に持ってきて、実習を受けた感想をこう語りました。

「私は師長として、師長業務を説明する中で、自分を見つめながら出来、私も学ばせてもらいました。学生担当者も、担当してよかったって泣いてましたわ〜」
メッセージを見て、私ももらい泣き。阪南看護が、しっかり学生さんに伝わっているからです。それは、病棟でいつも患者さんに関心を持ち、ケアを実践する先輩の姿をしっかり見てくれていた証です。

皆んな、国家試験合格してね。
ちょいと早いけど(笑)
皆んなで応援してるよ〜〜
自慢ですが、うちの職員は人類皆兄弟みたいな人ばかりで、あったかいわ〜〜。

大阪ACLS協会認定のインストラクター(主任看護師)が、事務・コメディカルの職員を対象に年4回、研修を行います。


この研修を行うようになって早4年、医師や看護師だけでなく
皆で協力して的確な対応ができるようになっています。
これからも連携して頑張ろう。

暑い日が続きますが、いかが
お過ごしですか。
学生の皆さまはいよいよ夏休み〜〜

さて、病院見学会の5回目が
終了しました。

第4回目のお話しです。
4名の方が土砂降りの中お越し頂き、
ありがとうございました。


いつも先輩と交流して頂く時間を
作っています。
お話ししやすいように、担当者は
席を外しています。
今回の先輩は、当院入職6年目の急性期病棟のHさん。


最後の挨拶の時、
「しつこいけど、皆さん、うちはとっても働きやすい病院です。お給料も大切ですが、とにかく人間関係がよく、働きやすいのが一番なんです。是非、よろしくお願いします。私も産休明けには帰ってきますから。」と、笑顔で伝えてくれました。

その後、病棟見学に回ると、
色々な病棟で、先輩が
阪南看護の良さを伝えてくれました。
もちろん、打ち合わせなんかなしです。

学生の方のみでなく、
只今お休みしていて、
働こうかな?と迷い中の方も
一度お越し下さい。
これからインターンシップ
も始まります。
お待ちしています。

少し前になりましたが、今年度入職された皆さまと、院内で懇親会を行いました。

皆さんの自己紹介がとてもユニークだったんです。自分達で、ネタを考えて
披露してくれました。











先輩もわかるように、優しい心遣いで、古いお笑いネタあり、皆が共感できるあるあるネタありで
皆で笑って過ごしました。

とてもユニークでセンスある皆さん、
これから一緒に頑張りましょう。