この研修はKOMI理論の疾病論を、自分の部署でよく関わる疾患を通してまとめ、その成果を発表します。

頼もしくなった皆さん、これからも後輩を引っ張っていって下さいね。

by-三女M

平昌オリンピック、見てますか〜
あの極寒の中、頑張ってはる選手の皆さんに阪南からエールを贈ります。

さて、昨年もブログに載せた看護部秘書のSださんの娘ちゃん、Sちゃんからバレンタインプレゼントを頂きました。

ホンマのパティシエさんやから、めちゃくちゃ美味しんです。キティちゃんのBOXも可愛い〜。しかし、お孫ちゃんは、ミニーの入れ物が良かったみたい(笑)

ちなみにうちの子は、お母さんの得意なスィーツは"フルーチェ"やと思ってますねん。反論できない母であります。
by-三女M

4姉妹、長女のK子です。

徒歩通勤をしてると、四季折々の景色を楽しむことができます。写真を撮ってて仕事に遅れそうになることも(笑)

ふゆ



木々の葉は落ちてますが、なんか清々しい感じも。さざんかの紅色が引き立ってます。

4姉妹、長女のK子です。

1月17日は1995年の阪神淡路大震災から23年。
今でもあのときの衝撃は忘れられません。

けさ、朝日新聞デジタル版で一番に目に飛び込んできた記事。
胸が熱くなりました。

  抱きしめたけど救えなかった赤ちゃん 

     「看護師への原点」

 

 

(朝日新聞デジタル版より転載)

 阪神淡路大震災から23年迎えた17日、午後も追悼行事が続いていた東遊園地(神戸市中央区)。神戸市立医療センター中央市民病院の看護師、尾川華子さん(37)は夜勤前に立ち寄り、そっと手を合わせた。

自分の運命を決めた、名前も知らない赤ちゃんに向かって。

 

 あの日。同市東灘区の自宅マンションの駐車場に避難すると、隣にあった文化住宅が倒壊していた。がれきをかき分けて生存者を捜す大人たち。「この赤ちゃん、温めてあげて!」突然、当時中学2年だった尾川さんに救い出されたばかりの赤ちゃんが手渡された。

 小さな体はすでに冷たかった。抱きしめても抱きしめても温かくならなかった。赤ちゃんも母親も亡くなった、と後に聞いた。親子は出産のため里帰りしていたのだった。

 「あの時、何もできなかった。だから、大人になったら、人を助ける人間になりたいと思ったんです」

 高校を卒業し、看護専門学校を経て、兵庫県西宮市の病院に勤務。2005年4月には同県尼崎市で起きたJR宝塚線(福知山線)脱線事故で、次々に運び込まれる負傷者を手当てした。この経験から「この職業を選んだ原点は救急医療だ」と改めて思い、翌年、兵庫県災害医療センターで勤め始めた。

 救命救急の現場で経験を重ね、国際緊急援助隊に登録。フィリピンの台風被害(13年)やネパール地震(15年)で現地に赴いた。災害派遣医療チーム(DMAT)のメンバーにもなっている。

 毎年、1月17日にはできる限り東遊園地に足を運んでいる。「助けてあげられなくて、ごめんなさい」。あの時の赤ちゃんに謝り、こう語りかける。「あなたが災害医療の道に導いてくれました。ありがとう」(高松浩志)

 

4姉妹、長女のK子です。

2017災害実動訓練その2
年末の三女の報告に続いて、アップしていない写真を追加します。

災害研修担当者会による綿密な企画と状況設定。
シナリオなしですので、どう動くか動けるかは、現場の日頃の訓練と、災害対策本部の適切な判断と指示で決まります。

 

今年の対策本部は昨年度の課題をクリア!

本部のリーダーシップが光ってました。





 

新年の山枡院長の挨拶でした。 このメンバーで、新生.阪南中央病院を築いていきましょうという決意表明でした。

恒例のお茶で乾杯しても盛り上がる会
看護部は、今年も第一級の看護、阪南だから感じてもらえる看護が届くように一丸となって精進していきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

by-三女M

4姉妹、長女のK子です。

一年の計は元旦にあり。
今年も看護部ブログを宜しくお願い申し上げます。



12月9日災害実動訓練を行いました。今年で6年目になります。
震度7の地震で、院内が一部倒壊したら…私達は自分の身と、患者さんを守ります。



いよいよ訓練STARTです


妊婦役のH師長の名演技。
オスカー女優かと思いました。まぁ、笑笑でした。





訓練後の振り返りです

今年は外部からたくさんのお客様が来て下さいました。ありがとうございました。

毎年、患者さん役に協力して下さる松原高校の皆さん、ありがとう〜〜
来年も来たいと言ってくれ、これまた感激やわ。
現役高校生と、昔高校生だった現役阪南人たちの演技も良かった〜〜


寒い中、外で炊き出しを頑張ってくれた栄養科の皆さん、ありがとう。美味しかったです。
災害実動訓練が終わると、年末やな〜〜と思う担当者でした。
by-三女M

4姉妹、長女のK子です。

メリー・クリスマス!
孫たちのために、自宅で眠っていたツリーを出してきて10年ぶりに飾り付けを。
ツリーの下にはネコバスが!


4姉妹、長女のK子です。

ロンドンアイからの眺めに続いてイギリス旅行の報告です。
プライベートとはいえ、やはりナイチンゲールに関係の深い場所への訪問がメイン。2010年に訪問できなかった「旧手術室博物館(ハーブ・ギャレット)」です。

改修工事中で外観が全く見えず、見つけるのに苦労しました。

私の記憶では、旧・聖トーマス病院跡、現ガイズ病院近く。そしてネットでダウンロードした2枚の写真が手がかり。写真と同じ入口(扉)を見つけ、「ここだ!」と。

案内もありました。

まさかこの扉(オレンジ色)の向こうに、このような螺旋階段があろうとは…。



急な螺旋階段についている命綱風のロープを必死で掴み、上までのぼりました。たぶん4階。

続きを読む >>